相模ヶ丘病院 看護部

相模ヶ丘病院

看護部について

看護部長からのメッセージ

小林看護部長  近年、医療情勢が大きく変化していく中で、私達は常に社会の変化に対応した医療・看護を提供していかなければなりません。そして、私たちは常に自己研鑽し、ご利用になる患者さんやご家族に安全で、安心していただける看護の提供を目指しております。それと同時に、看護師に大切なことは、「看護師自身がやりがいを見つけ、そして実感できる」ことと、私は考えております。私の責務のひとつとして、保健医療サービスの需要に対応し、精神保健医療の重要な担い手となるため、看護師自ら進んでその能力の開発及び向上を図り、自信と誇りを持って看護業務に発揮できるよう支援することも重要だと考えております。たとえば、精神科認定看護師等のリソースナースの養成があげられます。もちろん身体疾患も含め、心身をトータルにみる事のできる能力もスタッフには大切ですが、加えて精神科特有の高度な技術を発揮できる人材を育成することも大切と考えております。
 新人看護師の方への教育も院内・院外研修を1年かけて指導しております。職業人として、そして、人の気持ちを理解できることができる精神科の看護師として育成できるよう教育体制の充実に努力しております。
相模ヶ丘病院 看護部
看護部長 小林 一裕

ナースの声

三津山さん

私は精神科実習の中でコミュニケーションを学びたいと思い、当院に就職しました。実際に働き始め、改めて患者さんとの関わり方やケアの仕方、処置の仕方など不安に思うところが多々あり、プリセプターや先輩に聞きながら動く日々でした。
今でもどう関わっていけばよいか分からなく、悩むような患者さんがいたり、対応が難しく先輩の判断を仰ぐこともありますが、私なりに考えたことや思ったことを伝えるとまず受けとめてくれ、アドバイスをしてくれる方たちばかりです。
どの先輩も私達新人が覚えるまで何度も教えてくれるのでとても安心です。

現在認知症治療病棟で働いています。不安が強く何度も確認行為をする患者さんが同じ内容を確認しに来ていました。
全てにちゃんと答えていくと固かった表情も少し和らぎ訴えの内容も変わり最後は笑顔を浮かべていました。しっかり話しを聴き、受けとめ患者さんの訴えに対し返事をすることで不安が一時的にでも解消され笑顔が浮かんだ時、とても嬉しく、コミュニケーションの大切さを感じることができる体験でした。
人それぞれ訴えも、欲求も違うので、その方に合った対応で関われるようこれからも頑張っていきます。

鈴木さん

当院には院内保育があり、保育士さんは当院の職員ですので、院内ですれ違った時などは子供の様子など声かけしてもらえたりして、安心して仕事に臨むことが出来ます。

私は病棟勤務ですが、勤務の終了時間が近づくと「お子さん、お迎えを待ってるね。時間が来たら、お子さんの所に行ってあげてね」と優しい言葉をかけて下さるスタッフも多く、温かい雰囲気を感じながら勤務をしています。

金城さん

相模ヶ丘病院に就職し六年目となります。
当院は勉強会や研修内容なども充実しており、学びを深め成長していける環境があります。
自身の更なるスキルアップを図るとともにその学びや経験を日々の看護に生かし、患者様の回復や笑顔につなげていけるようなサポートをしていけたらと思います。

現在の病棟には新人が4名配属となりました。根拠に基づいた指導ができるよう自身も成長し教育を共育として実現していきたいです。

今では新人も夜勤を勤めるようになり、新人の成長が私の指導者としてのやりがいとなっています。

古里さん

私は相模ヶ丘病院の急性期治療病棟に勤務し始めて今年で2年目になる看護師です。
この職場はとてもアットホームで、何か分からないことがあればすぐに聞くことができ、働きやすい雰囲気です。スタッフ間や他職種とのチームワークもとれていて、幅広い年齢層の中でとても楽しく自分のペースで仕事ができます。

また、治療上、行動制限が必要とされる患者さんには出来るだけ自分らしく生活できるような環境づくりに努めています。
毎月のインターネットでの講義や勉強会も充実していて、とても過ごしやすいです。入院中の患者さんに一番近い存在である看護師という職業にとてもやりがいを感じています。

このページのトップへ