相模ヶ丘病院 看護部

相模ヶ丘病院

教育体制

看護部教育理念

豊かな倫理的感性を持ち、患者の気持ちを理解した看護サービスが提供できる。
また、精神科看護師として、自己研鑚を重ね自己実現できる専門職業人をめざす

教育方針

  1. 対象の個別のニーズを把握し、患者の人権を尊重した看護サービスができる
  2. 社会人、医療人として基本的な知識を身につけ、そして、患者・家族との人間関係を築き思いやりのある看護が提供できる
  3. 実践している精神看護を論理的思考や科学的根拠を分析し、研究に取り組む姿勢を養う
  4. 各自が専門領域への知識を広め、仕事への目標をもちキャリア開発ができる

研修概要

新人研修

1年通してやさしく指導しています

看護倫理・感染防止・医療安全・接遇・看護記録・精神保健福祉法・急変時の対応・防災

4月
採血・筋注・点滴/接遇研修
5月
院外研修「(テーマ)今の思いを共有する」/e-ラーニング※1
6月
身体的拘束の方法/院外初任者研修※2/フィジカルアセスメント/看護記録基礎※3
/e-ラーニング
7月
e-ラーニング
8月
体位変換技術(院外研修)/e-ラーニング
9月
急変時の対応/e-ラーニング
10月
看護記録応用/e-ラーニング
11月
看護場面の再構成(院外研修)/経管栄養/e-ラーニング
12月
包括的暴力防止システム/吸引/e-ラーニング
1月
心電図の操作/1年間の振り返り(院外研修)/e-ラーニング
2月
行動制限最小化について/バルーンカテーテルの作業手順/e-ラーニング
3月
e-ラーニング

病棟(実務全般・シャドウイング研修)

  1. ※1 講義配信視聴(基礎習得・精神科・看護研究コース等)
  2. ※2 薬物療法の基礎知識と看護・コミュニケーションの視点から看護の実際・セルフケアと観察等
  3. ※3 看護記録はフォーカスチャーティング

現任教育

6月
身体的拘束の方法
7月
フォーカスチャーティング
8月
フォーカスチャーティング
10月
包括的暴力防止システム
2月
行動制限最小化について

e-ラーニングテーマ

  • 精神科における早期介入
  • 精神科薬物療法と看護
  • アディクション看護
  • 臨床で求められるこれからの看護 等 全12回
  • ※ e-ラーニングの精神科コース3つ以上選択(平成27年度の一部研修)
  • 中途採用者はチェックリストを使用し習得が必要な研修に参加・指導

役職研修

  • 医療職にも留められる社旗人基礎力
  • リーダー育成法
  • リソースナースを活用する 等 全12回
  • ※ e-ラーニングの管理者コース3つ以上選択
    看護研究コース・看護助手コースもあり

学会参加

多軟水の有る患者へのアプローチ
太田 早希 H21 日精看全国大会 大分大会
習慣化した代理行為の背景について ~インタビューを通して看護者の思いを探る~
上田 綾子 H23 日精看全国大会 福岡大会
多飲症患者に対するポジティブワードを共有した関わり
太田 早希 H24 日精看全国大会 神戸大会
社会復帰病棟における患者参加型看護計画
梶本 裕華 H25 日精看全国大会 仙台大会
妄想により衣服購入を拒んでいた統合失調症に対するかかわり
坂本 恵 H26 日精看専門学会 鹿児島大会
自殺企図患者をもつ家族に対する支援の振り返り
玉城 美恵 H27.10 日精協学術大会 沖縄大会

精神科実習受入校

  • 相模原看護専門学校
  • 北里大学看護学部
  • 相模原准看護学院

メッセージ

鈴木さん  当院では、現在3校の実習受け入れをしています。精神科実習では、自己の傾向を理解した上で 他者に寄り添う事を体験してもらいたいです。 最終日には、「人は人との関わりを通じて心を病み、人は人との関わりを通して癒される」 という意味が実感出来るように指導しています。
 実習を終えた学生さんからは、「自己をとらえなおす機会となった」 「関わりの大切さを改めて学ぶ事が出来た」などという感想を頂いています。

実習指導責任者 盛内 雅寛

このページのトップへ